十字架信仰の力 ・・・・・・・  2023年巻頭言
                                                           2023 1/3



   「そこでイエスは答えて言われた。 「人に惑わされないように気をつけなさい。 それは、多くの者がわたしの名によって現れ、『私はキリストだ。』と言って、多くの人が惑わされるからです。」 (マタイ24:4、5)

   「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、あちこちに、ききんが起り、疫病が起こり、また地震があるからです。」(マタイ24:7)  (* アレキサンドリア型では抜け)

   「また不法が増加するので、多くの人の愛が冷えるでしょう。 しかし、終わりの時まで踏みとどまった者は救われます。
    そして、この御国の福音は、全世界に宣べ伝えられ、すべての民族にあかしされ、それから終わりの時が来ます。」 (マタイ24:12−14)


   「しかし わたしはあなたがたに言います。 あなたの敵を愛しなさいあなたを のろう者を祝福しなさい。 あなたを憎む者に 良くしてやりなさい。 あなたを意地悪く利用し、また 迫害する者たちのために 祈りなさい。」 (マタイ5:44)  (* アレキサンドリア型では抜け)

   「また自分の十字架をとってわたしに従ってこない者はわたしにふさわしくありません。
    自分のいのちを見出す者は それを失い、 わたしのために自分のいのちを失う者は、神のいのち見出します。」 (マタイ10:38、39)




  ● 昨年は、ウクライナが、2014年にロシアが奪った土地を奪還する大義名分で、徴発されたロシアと戦争が始まり、今も戦闘が続いています。 実は、アメリカの戦争屋のバイデン(民主党)が仕組んだ代理戦争の戦略で、にせユダヤのゼレンスキーを送り込んで 戦争を長引かせ、戦争屋が儲かるという筋書き通りになっています。 同時に、エネルギーをロシアに頼る ヨーロッパを衰退させる策略です。 戦争屋の利益のために、多くのウクライナ国民、ロシア国民や、ヨーロッパの一般人をも犠牲にしています。
    ・・・・ スウェーデンのメディアニヤ・ダグブラデットは、ウクライナ戦争とエネルギー危機を意図的に引き起こし、ヨーロッパ経済を崩壊させるというアメリカの秘密計画が書かれた文書をリークした。(9月15日公表、 ウクライナ侵攻が始まる前の 1月時点で文書作成されたもの)

  EUのエネルギー危機は、1970年代の石油危機レベルで、特に ガス価格は 1年前の 4〜10倍に上昇、イギリスでは四半期で5629社が倒産しています。 2021年末で(緑の党主導で)原発をやめたドイツ(ノルドストリーム経由のガスが総需要の60%だった)は、石油・天然ガスをロシア以外から高額で何とか確保しています。

  日本国内では、原発を、使用期間を延長する法整備を含めて、注力していく方針です。(地震、爆撃、事故にかかわらず、広域の放射能漏れが心配されます。・・・ 「示し」にもあります ・・・ オオマサガスをやれば良いのに

  ● 資源が十分あるはずのアメリカは、ガソリン等を含む超インフレが起こりました。 これは、コロナの後で需要が回復し、これに対する生産が追い付かず、またサウジアラビアがロシアに加担して減産と同時に原油価格をつり上げ(OPECプラスは10月5日、11月から日量200万バレル(世界の原油生産の2%)の減産を行うことで合意)、さらに アメリカが兵器をウクライナに供与しすぎたために起こっています。 (後で韓国から不足した兵器を買っている) 日本の岸田総理も、ロシアと産油国のつながりを無視して、ウクライナに多額の戦費を供与したのは、大変愚かでした。

  そのため、アメリカは金利を上げなければならない状況になり、それが 日本の円安(一時150円近く/ドル、最近の12/28で133円台)を引き起こしています。 日本は、円安と輸入に頼る原材料の高騰により、特に輸入産業に大打撃を与え(円安倒産:8〜10月で19件)、ガソリン・食品などの物価高になっています。(収入は上がらない) 今更、円安になったところで、少子高齢化もあり、失われ 空洞化した輸出・製造業は急には戻って来ません。
  日本の金利は、2013年4月からの金融緩和政策(アベノミクス)を日銀の黒田総裁はしばらく堅持していましたが、最近になってようやく金利を上げ、そのため円安は多少収まっています。

  ● 「消費税」を10%に上げたが、「財政出動」もかなり行なった安倍元総理は、当局の意向に沿わなかったということで、参議院総選挙の2日前の7/8に暗殺されました。 これには、(アメリカ・イタリアマフィアによるケネディー暗殺のように、)米戦争屋と バチカン銀行が絡んでいます。 岸田総理は、財務省との関連が深いので、政敵が排除された格好です。 そのかわり、安倍氏の人脈がなくなって何もできなくなった状態。

  安倍氏暗殺の後は、この事件の真相を覆い隠すように、党内の統一協会問題に 世論と報道が振り回されました。 また、この件の他にも原因となって、12月26日秋葉賢也復興相を事実上更迭するなど、8月の内閣改造以降4人目となる閣僚の「辞任ドミノ」が起こっています。

   (* 財務関連の法整備は、実は戦後GHQ主導で行われたもので、今の時代にそぐわないものであり、法改正が必要です。さもないと、永遠にアメリカの従属国家です。 → 日本国の経済システムの問題点について 3. :
  資本主義国は、国民が銀行からお金を借りて 初めてお金が回わります。 「国債」とは、日本政府が 日銀から借りたお金 であり、いわば企業内の貸し借りで、その国の歴史とともに増え続けるもので、いくら増えても全く問題にならない。もし、この数字が目障りならば、政府内で国債を帳消しにする”特例法”を作ればよいだけの話。( ・・・ これが本当の”日銀相殺”?) ところが財務省はマスコミに吹聴させて、これを、いかにも深刻な”国民の借金”のようにすり替え、早い話、要するに「増税」に持っていこうとしているのです。 財務省の”伝統”、”美徳”は、このGHQが作った法を順守して、財源を節約し、国民からは少しでも多くの税をむしり取って、彼らのささやかな幸福のために、多くの国民を不幸にすることです。 また財務省は高慢になっています。各局長クラスの人間が列を作って順番待ちし、財務省の課長クラスの人間に頭を下げて予算をくれるよう頼み込むのです。 ・・・ 罪意識が無く サラリーマンのように多くのユダヤ人を虐殺した、ナチスのアイヒマンのよう?

  ● 中国・ロシア・北朝鮮の脅威があり、また米軍が十分助けてくれないことも予想され、岸田総理は 防衛費の大幅増額(1兆円)をする代わりに、(財政出動すればよいものを、)法人税の増額で賄おうとしています。 コロナでは100兆円レベルの財政出動をしたのに、1兆円で「増税」! 当然、国民の反感は強く、岸田政権の内閣支持率は過去最低の20%台に落ちています。 増税反対の高市氏は 森元総理に”鎮圧”された。 (このままいくと、少子化・子育て財源の名目で、近い将来 消費税20%にも上げるつもりでいます。)

  防衛のための兵器は、アメリカから買うのではなく、国産品を開発して製造すれば、国内の景気はもう少し良くなるでしょう。(大戦中のアメリカの軍事への歳出額は、5年で約45倍の805億ドル(1945年)にも増え 雇用が拡大した
  林芳正外務大臣の振る舞いは不自然なほどに中国に「べったり」で、ハニトラにやられているそうです。

  ● 22’12/29、イスラエルは、リクード党首のネタニヤフ氏が1年半ぶりに首相となり、過去一番の右寄り・宗教連立政権(対パレスチナ強硬路線)となっています。ネタニヤフ氏は投票前の演説で「統治と平穏、個人の安全を取り戻す」と強調し、投票の結果、賛成63で新政権は承認された(イスラエル国会(定数120))が、過激な姿勢への懸念も出ています。
  今後、ロシアが導く 「ゴグ・マゴグ」の動きが注目されます。

  ● 統一協会(キリスト教界では異端というよりも別宗教扱いなので”協会”と呼ぶ)の創始者・文鮮明は自らを再臨のイエスだと名乗り、主に日本で、霊感商法などのカルト支配をしてきましたが、2008年8月に自家用ヘリが韓国の山岳部に墜落・炎上して パイロット・家族もろとも黒焦げ死体となって死亡しました。(by.韓国のテレビニュース) 主の御名を汚す者にふさわしい最後でした。 しかし、その後教団の名前を変え、まだ日本でその政治的な影響力を保持していることが明らかになりました。 ・・・ こんなレベルで惑わされてはダメですよ! ・・・

  異端と言えば、今 韓国ではやりつつある、”新天地イエス教会”という韓国3大異端の一つのカルト宗教で、スタジアムで10万人集会などもやったそうです。 新天地は20年2月に大邱の関連施設で、新型コロナウイルスの大規模な集団感染を起こしています。
  彼らは、一人導くことで初めて会員になることができ、それができないと年20−30万円払わされるという、 「行ない」が「救い」の教理に入っているので明確な異端であり、その伝道方法には問題があります。 信徒を一般教会に送り込み、牧師の不正などをでっち上げて仲間割れを引き起こし、牧師を追い出して教会を乗っ取り(山移し)、韓国では”既成教会乗っ取り教団”と言われ、日本の九州地方や首都圏でも被害を受けています。 カルトなので、信者の家出、離婚、学業放棄なども多発しています。
  教祖の神格化は一応否定しています。しかし、聖書の重大な曲解を行ない、たとえば、ヨハネ福音書14章でイエス様が約束した「もうひとりの助け主」すなわち「真理の御霊」とは、マタイの24章の「忠実な思慮深いしもべ」と混同し、彼こそ神に選ばれたイエスの代言者としてイエスが天の聖霊を遣わし啓示の御言葉を唯一知らせる者、すなわち教祖、ということにしています。聖書を曲解する所では、「宗教の霊」などの悪霊が働きます。

  ● コロナについては、ほぼ「黙示録」レベルのさばきに近づき、”艱難期 前 携挙説”が間違い教理であることが証明されつつある状況です。(ただし、日本はBCG接種のため 重症化率は非常に少ない。各国の1/100のオーダー。)
  今、ゼロコロナ政策緩和のため、その発祥地武漢(武漢ウイルス研究所から漏洩)や 四川などの中国全域で、再度流行し始め、中国全人口の14億人中 8億人が感染していると報道されています。(by.香港紙・星島日報。 cf.中国政府は超過少に報告、死者1名だそうです) 日本も国際空港の水際対応を強化し、株の特定を急いでいます。

  ● 米製薬大手ファイザー21年5/4の時点で、新型コロナウイルス・ワクチンの売上高が260億ドル(約2兆8千億円)になる見込みだと発表しました。(16億回分の売上高。2月時点の予想(150億ドル)に対して) 会社全体の売上高は725億ドルと、前年の419億ドルから大幅に増えました。

  去年(’22年)は、オミクロン株という、感染力は強いものの 重篤化はしにくいウィルスが流行っています。 これはワクチンがほとんど効かない株なのに、政府や厚労省では3回目、4回目接種を奨励しています。(病院や役所などでは半強制的) しかし、そろそろ ワクチン接種の弊害が見えてきています。  ・・・ ワクチンの利権いくらもらったんだろうか?

 
  この左図(by.プレジデント 22’11/25)より、3回目接種者の増加と死亡者数の増加が ぴったり一致しています。 また右図より、BCG接種をしていない80歳代を除いて、新規の陽性者の数は、すべての年代でほとんど大差はない、むしろ 2回接種以上の方が多い という結果です。新規のです! 第8波では、基礎疾患のある人の死亡者が増えています。 またワクチン接種した若年層の死亡(心臓などの循環器疾患による突然死)が目立ってきています。

  2021年11月25日、インドの弁護士協会は、アストラゼネカ社のワクチンを接種させて人々を死亡させたとして、ビルゲイツ氏ともう一人の富豪を殺人罪で告訴しました。 インドでは、21年8月からのイベルメクチン(日本人とメルク社が開発した抗寄生虫薬投与によって、21年9月から劇的に重症者数・死者数が減少しました。 一方、日本政府は、ビルゲイツ氏を 途上国での感染症対策に大きな貢献をしたとして、なんと旭日大綬章の勲章を贈り、英雄視しました。



  九州のある地域では もうリバイバルが始まっています。 ここは、日本のリバイバルの起点となるよう、主に語られています。 聖霊様の臨在地図(預言集の中ほど、2003年幻))によっても裏付けられます。 それと同時に、「さばきが神の家から始まる。」 (Tペテロ4:17) というみ言葉が成就して、器たちが整えられています。

  その地域には、全国から(外国からも) いろいろな器たちが 遣わされて、伝道を始めています。 その器たちのほとんどは、見分け × で、教理的にも不完全と思われる人々ですが、あまりにも人手不足なので、神様は 彼らをも用いて「収穫のための働き人」(マタイ9:37、38)として、伝道の働きに導いておられます。 その地域では主の臨在が強く、人々は、伝道すると、聖書やトラクトを喜んで受け取ってくれて、喜んで福音に耳を傾けます。(臨在の薄い東京では 冷たい。) 遣わされた器たちは、今は × でも、この世に生かされている間は見分けは変わるので、時が来れば整えられて 〇 になるか、あるいは、救われた人々が より教理的に健全な教会に移動する、と思われます。


  霊的に見分けの良い、ある預言者にも、主の整えが来て 勝利しました。それは人を赦すことです。 もしその苦いものをいつまでも握っているならば、主との関係がうまくいかず、主からの捉えも、働きも、不完全なものになるでしょう。
  福音の本質は、「赦し」です。 私たちは、人を赦さないことによって、どれほど神様の恵みを失っているか、を知る必要があります。

  御子イエス様が 十字架で神様にに対する私たち一人一人の「一万タラントの負債(=罪)」を支払って、私たちを罪ののろいから贖い出してくださいました。 そして、私たちの神に対する罪が赦されたならば、当然、人々に対する百デナリの負債」を赦すべきことが 語られています。 (マタイ18:23−35)
  1タラント=6000デナリで、1デナリが1日分の労働収入なので、1タラントは、6000/365(日) = 約17年分の収入になります。その1万倍なので、1万タラント/百デナリ = 60万倍 と、比較にならないほど 神様に対する罪のほうが大きいことを、聖書は語っています。 神に対する罪とは、神様を知らなかった罪、神を神としなかった罪、自分を神とした罪(原罪)、神でないものを拝んだ罪(偶像崇拝)などです。


  しかし、頭では分かっているけれども、なかなか人を赦せるものではありません。 幼い時からの家族による虐待などはなおのことです。
  けれども、私たち、「人」は、神様に似せて作られました。 それは言葉を語ることができることです。 神は「言葉の神」であり、御子は、「神の ことば」(ヨハネ1:1)です。 それゆえ、主は、語ったことを必ず成し遂げる 聖なる神です。 (イザヤ55:11) 神様の思いは、私たちの思いよりも、「天が地よりも高いほど」高い、比較にならないほど高い、と言っています。(イザヤ55:8、9)
  イエス様は、故郷のナザレでイザヤ書の巻物を読まれたとき、最後の「・・・われわれの神の復讐の日を告げ、」(イザヤ61:2)を読み飛ばされました。それは、イエス様は「神」なので、初臨で人々の救いのために来られたのに、これを語ると 神のさばきが成就してしまうからです。(ルカ4:19)

  主が造られた被造物で 主の息を吹き込まれ(創世記2:7)、神と似たものとして造られた「人」(創世記1:26)にも、語る言葉に「霊」が宿ります。 主のみこころにかなう良い言葉を語るなら、「神の霊(聖霊)」が宿り、もし良くない言葉を語り続けるなら、場合によっては「悪霊」が伴います。
  そして、口に出して語った言葉の方が、心の思いよりも 強いのです。 初めは 全く心が伴わない告白をします。しかしそれを続けていくうちに、自分の語る言葉に聖霊様が宿り、心が聖霊様によって引っ張られ、ついには心から赦すことができるようになります。 (* 預言者や教師は 特に、語る言葉に気を付けるよう、語られています。)

  だから、口に出して、その憎んでいた人の罪を 「赦す告白」をしましょう。 そうすれば、主は、心に、環境に、わざを成してくださいます


     「そして、あなたがたの従順が完全になる時、あらゆる不従順に復讐する用意ができているのです。」(Uコリント10:6)

     「それゆえ、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。」(ヤコブ4:7)

     「また、救いのかぶとをかぶり、御霊が与える剣、すなわち、神の言葉を受け取りなさい。」(エペソ6:17)


  戦いの場は、多くの場合私たちの内側です。 「憎しみ」、「赦さない思い」、「ねたみ」などは、常套手段として敵が用いる「火矢」(エペソ6:16)です。その悪霊的な言葉が刺さったうえ、じりじり燃えていく危険なものです。
  旧約時代は、律法によって、 「あなたの敵を憎め」(レビ19:18) と語られています。 これは、当時のイスラエルの民があまりにもかたくなで、幼いので、異邦の国々の悪霊崇拝の習わしに染まることがないように隔離する、という意味です。実際、モーセがシナイ山から下りてきたとき、民は異邦の偶像崇拝のバカ騒ぎをやっていました。 また「目には目を」、「歯には歯を」の復讐法は、原罪の性質によって復讐が何倍にも膨れ上がることを 1倍までに規制するための定めです。
  これらの戒律を曲解したイスラム法によるイスラム圏では、いつまでも教派間の争いが絶えません。(イシュマエルの子孫: 創世記25:18の成就)


     「『隣り人を愛し、敵を憎め』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところです。
     しかし わたしはあなたがたに言います。 あなたの敵を愛しなさいあなたを のろう者を祝福しなさい。 あなたを憎む者に 良くしてやりなさい。 あなたを意地悪く利用し、また 迫害する者たちのために 祈りなさい。」 (マタイ5:43、44)


  その預言者の召しの人は、常に見分けが良いにもかかわらず、心の中にどうしても赦すことができない人がいました。その人は(今は別居している)家族の人で、小さいころから虐待し続けてきた人です。 12月の初めのある夜、の中で、背の高い男性が 皮の黒い聖書を持って現われ、この マタイ5:44 の箇所を示して語りました。 その聖句は、アレキサンドリア型聖書(ネストレアラント)では消されている部分(太字の部分↑)で、敵が最も嫌がる箇所の一つです。 そして、真っ先に、その家族の人を思い浮かべました。 この人のために祈るのかと、思いました。 (* 主の示しは、一番先に来た イメージが正しいことが多いです) 「預言者は自分の郷里では受け入れられない。」(ルカ4:24)とあるように、最も身近な人がしばしば迫害者になります。

  それで、とても心から赦すことができませんでしたが、とにかく主からの語りかけに従おうと心に定め、ついに一念発起して、その人を赦し、祝福し、良いことを祈る、ということを始めました。 全く心を伴わない、口先だけの告白でしたが、毎日続けました
  すると、たったの3日後、突然その人が心臓病で倒れ、5日に手術をすると、親戚から連絡が来ました。病院へ行く日の予定を変更して、その前日の夜、コロナで規制されているところ、霊の見分け手と共に、特別に ICU(集中治療室)に入ることができ、医者・看護師たちのいる中で、良く聞こえるように大声で伝道しました。ついでにそれを聞いた隣の人も救われ見分けが良くなりました。(医者たちはドン引きしていたが妨げられなかった) 直後、その人の見分けが良くなって、救われたことを確認しました。(この場合、霊の見分けの賜物は、主に 死ぬ直前の人に伝道して、その人が救われたことを確認するためにもあることがわかります。) 「赦しなさい」という主の語りかけに従順になった時、敵の要塞は崩れ、その人はさばきを受け、さらには 救われることとなったのです。 その後、手術はうまくいき、見分けの良さは継続しています。


     「ヨセフは、そばに立っているすべての人の前で、自分を制することができなくなって、「みなを、私のところから出しなさい。」と叫んだ。 ・・・」 (創世記45:1)


  このように、今の時期、リバイバルの器となる私たちは主の取り扱いを受け、とくに「赦す」、「敵を愛する」ことを学んで、傷が癒され、主の働きを十分担うことができる者に造り変えられます。





   (追記)






               トップへ戻る